Multi Display環境等でGPUの省電力機能が正常に機能しない問題の解決方法 - G&D

G&D RSS Icon

ホーム > PC > Multi Display環境等でGPUの省電力機能が正常に機能しない問題の解決方法

 

Multi Display環境等でGPUの省電力機能が正常に機能しない問題の解決方法

PC 2013.07.03 Wed

前書き
Titleが長くなり過ぎるので省略しましたが, 今回の記事はNvidia Geforceでの対処法です
私の知る限りAMDのGPUは強制的に省電力機能を有効化する (Memory Clockを下げる) と、
Sub Displayにチラつきが生じますので、現状では対処不可能です。


Multi Display Power Saverで強制的にClockを下げる
Multi Display Power SaverはNvidia Inspectorの機能の一つですので、先ずはNvidia InspectorをDownloadして下さい。
http://downloads.guru3d.com/NVIDIA-Inspector-1.94-download-2612.html

Downloadが完了したらnvidiaInspector.exeをDouble-clickして開き "Show Overclocking" buttonを
clickしてMulti Display Power Saverを選択します。

NV Inspector right-click


Multi Display Power Saverの全CheckboxにCheckを入れます

MDPS.jpg


Full 3D ApplicationsはGame等の最大Clockで動作させたいProgram, Video Applicationsは動画を観る際に使用する
Programを入れます。今のところGameに関してはThreshold(閾値)の指定だけで問題が無いので、
私の場合はFull 3D Applicationsには何も入れていませんが、環境によっては問題が生じるかも知れません。

Full 3D Applications欄とVideo Applications欄は右ClickしてAdd from File
もしくはAdd from running GPU processで任意のProgramを追加する事が可能です。

ThresholdはGPU Meter等で確認しながらClockが意図した通りに変動するよう調整します。
値を100%にすると常に最低Clockで動作するようになりますが、それでは何かと不都合が有りますし、
逆に0%にすると常に最大Clockで動作するので消費電力が激増します。

適切にClockが変動する範囲で、なるべくThresholdを低く設定するのがBestな調整方法です。